2018年08月03日

山形鉄道 ギャラリー2018/7/31

  山形鉄道駅舎今昔物語

 フラワー長井線開業30周年記念特別企画「山形鉄道駅舎今昔物語」として、貴重な歴史ある写真の数々をお届けします。
 終点の荒砥駅にて手動で方向転換する様子や、蒸気機関車の写真が残されていたり、大正時代に建築された羽前成田駅は当時の駅舎の面影をそのまま残し、国の登録有形文化財に登録されています。赤湯駅東口(JR)はパラグライダーを模したデザインを採用。フラワー長井線の玄関口である西口はログハウス風の駅舎となっています。

   沿線のみなさまに支えられ 希望と笑顔を乗せて おかげさまで30年
   フラワー長井線のあゆみ 山形鉄道駅舎今昔物語 
   http://flower-liner.jp/yamatetsu_history/

posted by 管理人:錯乱坊 at 21:47| Comment(0) | 耳寄り情報