2019年03月02日

宿泊特別例会(鷹野湯温泉)

 2月23日(土)〜24日(日)、昨年に引き続き山形県内での開催となりました「宿泊特別例会」は、置賜地方は白鷹町にあります「パレス松風」にて、支部会員8名と家族1名の計9名での参加で開催致しました。
 乗車例会最終目的駅の「荒砥駅」で、往年の多層建て急行列車の様に、乗車例会のみ参加されました会員さんと別れ、新たに宿泊例会からの参加となりました会員さんを加えて、同町を一望出来る今宵の宿へ。
 疲れた体を温泉で温めた後、美味しい料理とお酒を楽しみながら、和やかな時間を過ごしては、御家族様の慰労はもちろん、夜遅くまで親交を深められていました。
 大浴場から最上川に掛かる鉄橋や荒砥駅舎に車庫、そして伸び行く「フラワー長井線」が夕日に照らされて眺められ、つい長湯してしまいそうな、鉄道ビューポイントでした。

  IMGP5130 - コピー.jpg
   参加された皆さん。

 鷹野湯温泉「パレス松風」の詳細やご予約は、こちらのHPアドレスから。
   http://www.shirataka.or.jp/




posted by 管理人:錯乱坊 at 18:03| Comment(0) | 山形支部例会開催報告

山形鉄道乗車例会

 2月23日(土)、「宿泊特別例会」の開催に併せ、山形鉄道フラワー長井線の乗車例会を、支部会員7名と御家族1名の計8名での参加で開催致しました。
 同線は、JR長井線を引き継いだ第三セクター鉄道で、昨秋開業30周年を迎えました。赤湯ー荒砥間をのんびりと朝日連峰を眺めながら置賜盆地を走る列車は、それぞれに沿線市町の花が描かれています。そして、「長井線まつり」では、当会も微力ながら「西大塚駅」を会場にしましたイベントへの協力をさせて頂いたのでした。

 山形鉄道赤湯駅に集合しました一行は、「長井駅」「羽前成田駅」に途中下車をしながら「荒砥駅」へと、全線の乗車を楽しみました。
 長井駅では、ラッセル車の見学。間近で冬の守護神を様々な視点から観察を楽しみながら、同車の凄さをあらためて教えて頂きました。また、5月にも解体が予定されています同駅舎の記録撮影や駅舎内のギャラリーで開催中でありましたフラワー長井線を撮影しました写真展の観覧も楽しめました。
 羽前成田駅では、駅舎の見学を楽しみに久々の来訪となりました。駅舎内外のご説明を伺ったりしながら、たくさんの鉄道資料(備品)の数々に興奮冷めやらずな一行は、時間を忘れる様にして歴史の豊かさに心を奪われてしまいました。

 特別にご配慮を頂きました山形鉄道の押切専務、おらだの会の齋藤会長には、あらためて厚く御礼申し上げます。

  IMGP5042.jpg 
  頼れる黄色い奴。

  IMGP5074.jpg
   国鉄時代の面影残す長井駅舎。

  IMGP5076 - コピー.jpg
   参加された皆さん。(長井駅にて)

  IMGP5099.jpg
   すっかり夢中に。

  IMGP5107 - コピー.jpg
   参加された皆さん。(羽前成田駅にて)
 
   山形鉄道ホームページ
    http://flower-liner.jp/

   おらだの会ホームページ
    http://samidare.jp/orada2/

 お世話になりました山形鉄道様・おらだの会様には、引き続きお付き合いの程、宜しくお願い致します。





  
   
posted by 管理人:錯乱坊 at 17:31| Comment(0) | 山形支部例会開催報告