2017年06月18日

メモリアルイヤー

  あれから〇〇年・・・。

 あの日あの場所は、一際華やいだ雰囲気と祝福の歓声に包まれる中、期待と不安が入り混じりながらも、新たなる旅立ちの瞬間を一緒に待っていた君の輝かしい姿が懐かしく、寄り添いながら伸び行く一条の路を走り続けている訳で、悲喜交々いろんな事があった。あらためて振り返ってみると、今年(平成29〈2017〉年)は、大きな節目の年である様だ。
 今でこそ、そうであるのが当たり前かの様に過ごしている日常。どんな日も、ひたむきに走り続けてくれている事に、時として、感謝を忘れては理不尽な思いをぶつけてしまってはいないだろうか。
 今日から明日へ、ずっと一緒に走り続けたいものである。

 今年は、3月22日に開業20周年を迎えた秋田新幹線を皮切りに、JR東日本の新幹線は周年記念を迎える。また、山形県内の在来線においても、全線開業の周年記念を迎える路線がある。

 新幹線開業年月日
東北新幹線(大宮ー盛岡) 昭和57(1982)年 6月23日 35周年
上越新幹線(大宮ー新潟)            11月15日 35周年 
東北・上越 大宮ー上野    60(1985)年 3月14日
      上野ー東京  平成 3(1991)年 6月20日
山形新幹線(東京ー山形)    4(1992)年 7月 1日 25周年
秋田新幹線(東京ー秋田)    9(1997)年 3月22日 20周年
北陸新幹線(東京ー長野)            10月 1日 20周年
山形新幹線(山形−新庄)   11(1999)年12月 4日 18周年 
東北新幹線(盛岡ー八戸)   14(2002)年12月 1日 15周年

 山形県内在来線全通年月日
陸羽東線(鳴子ー羽前向町間開業)大正 6(1917)年11月 1日 100周年
左沢線 (寒河江ー左沢間開業)   11(1922)年 4月23日  95周年
仙山線 (作並ー山寺間開業)  昭和12(1937)年11月10日  80周年
 
 大きな周年行事の有る無しに関わらず、無理のなき様に秩序を守りながら特別な日をお祝いして頂ければと願っております。先人達の鉄道建設に掛ける思いを噛み締め、後進の小生達は、これからの鉄道を楽しむ事ばかりでなく、地域や沿線と共にあるべき姿を、しっかり考える時期に来ているのかもしれませんね。
 
タグ:記念日
posted by 管理人:錯乱坊 at 13:16| Comment(0) | 鉄道徒然草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]