2018年10月23日

フラワー長井線まつり

 10月21日(日)、山形鉄道では「フラワー長井線まつり」が、宮内・長井・荒砥の三駅を会場としましたイベントと、羽前成田・西大塚の二駅で地域の方々によるイベントが、同時開催されました。
 その西大塚駅に於いて、、私共「鉄道友の会山形支部」も鉄道模型(Nゲージ)とプラレールの公開運転を、支部会員5名と会員の御友人1名の参加でイベントに協力致しました。
 同駅は、地域の方々の大事な玄関口でありますと共に、駅本屋とプラットホームが国の登録有形文化財に登録されています。地域の方々はもちろん、山形市や福島市などからもたくさんの方々が訪れました駅舎内では、走り回る小さな車両達を目の前にして、歓声が響き渡っていました。YR−880型はじめ、長井線に所縁のある旧国鉄時代からの車両と隣県の第三セクター鉄道や私鉄の車両も運転しましたNゲージでは、御家族連れでのお子様に体験運転も楽しんで頂きました。また、プラレールを運転しました駅務室は、普段は締め切られていますので、その室内の様子も間近で観覧出来ました事には、鉄道愛好家のみならずとも、ご来場されました皆様にも、いろんな発見があったのではないでしょうか。
 Nゲージで見る長井線の今昔とプラレールと共に追い掛ける夢。歴史ある駅舎の中は、訪れた方々との心の繫がりが広がる温かな雰囲気に包まれました。

  DSCN4743.jpg
   秋晴れの下。

  DSCN4697.jpg
   子供達の歓声響く。

  DSCN4758.jpg
   秋の日差しを浴びて。

  DSCN4761.jpg
   長井線今昔。

  DSCN4767.jpg
   参加された皆さん。(撮影:某新聞社記者さん)

 ※「参加された皆さん。」以外の画像は、今春入会されました小鉄さん(中1)が撮影しました。

  
 
posted by 管理人:錯乱坊 at 23:18| Comment(0) | 山形支部例会開催報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]