2020年01月24日

とれいゆつばさ乗車例会

 1月18日(土)、「宿泊例会」の開催に併せ、足湯つき新幹線「とれいゆつばさ」号の乗車例会を、支部会員9名と御家族2名の計11名での参加で開催致しました。
 「とれいゆつばさ」号は、新幹線初のリゾート列車として、平成26(2014)年7月19日に運転を開始しました。車窓に広がる山形の四季を眺めながら、足湯に癒され(利用券が必要:有料)、山形の地酒やフルーツジュースなども楽しむ事が出来て、乗り鉄にも呑み鉄にも、うってつけな列車です。

 新庄駅に集合した一行は、出発前の撮影を済ませ、足湯に浸かりたい、お酒が呑みたいと、普段の「つばさ」号と違ったゆったりした畳座席の車内へ。定期列車より足が遅いので、ゆっくりと宿泊例会開催地最寄りのかみのやま温泉駅まで乗車出来たはずなのに、お酒の量と共に、時間があっという間に過ぎた様に感じられたのでした。お酒の飲めない方々(未成年含む)は、アイスクリームやジュースで、足湯に浸かり火照った体を冷やしていました。宿泊を前に癒され盛り上がった車内は、まさに、走る温泉旅館かもしれない・・・。

 5dd1278756736e55bcb142c3148061780f2cddd036f3ad684749683ece2eee32.0.jpg
  新庄駅にて「とれいゆつばさと暖簾」。(撮影:マーチンさん)

 DSCN1748.jpg
  足湯。(撮影:小鉄さん)

 DSCN1750.jpg
  足湯に癒されて。(撮影:湯守アテンダントさん)

 IMGP7354 (2).jpg
  呑み鉄に徹して。

 IMGP7365.jpg
  湯上りにアイスクリーム。

 IMGP7381.jpg
  参加された皆さん。

 ※特記以外は、管理人(錯乱坊)撮影。

 今例会の乗車列車でありました「とれいゆつばさ」2号の指定席券をご手配頂きました山形鉄道様には、お陰様で参加者一同が楽しい旅が出来ました事に、あらためて厚く御礼申し上げます。
posted by 管理人:錯乱坊 at 22:18| Comment(0) | 山形支部例会開催報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]