2018年08月18日

残暑お見舞い申し上げます。

 暑さ厳しい日が、連日続いていました今年の夏。一雨が欲しいと思う反面、その一雨が大雨となり、甚大な被害のあった地域もありました。自然災害の恐ろしさを、また、思い知らされたと思っています。
 遅くなりましたが、被災されました地域の皆様には、心より、お見舞い申し上げます。

 なんとなく、朝晩は、涼しくなってきたのかと思えますが、やはり、日中は夏を感じさせられますが、皆様には、如何、お過ごしでしょうか。
 お盆期間には、ゆっくり過ごされていた方や遠出をされた方、はたまた、仕事に因っては、繁忙期となり、勤労に励んでおられた方などあったのかと思います。そして、休みはこれからの方も居られる事でしょう。
 もうしばらく暑さは続く様ですが、それぞれの夏の名残を楽しんで行きましょう。
 なお、皆様におかれましても、体調には、お気をつけて、お過ごし下さい。

  IMGP4089.jpg
   磐越東線・小野新町−神俣間:平成30年8月15日撮影


posted by 管理人:錯乱坊 at 16:51| Comment(0) | 管理人室

2018年01月01日

JRCニュースリリース(2018.1.01)

  年頭にあたって(会長 須田 ェ)

   詳しくは、「鉄道友の会」本部サイト
     http://www.jrc.gr.jp/newsreleas/4377.htm

タグ:耳より情報
posted by 管理人:錯乱坊 at 15:55| Comment(0) | 管理人室

謹賀新年 ❜平成30年

  あけましておめでとうございます。

  新年を迎え、皆々様には、如何、お過ごしでしょうか。
 旧年中は、当支部の活動に対して、多大なるご理解とご協力を賜りまして、感謝申し上げます。また、多くの方より当サイトをご覧頂きまして、重ねて、感謝申し上げます。
 月毎のアクセス数を集計するに付け、広くたくさんの方々に、鉄道趣味の楽しさや奥深さを知って頂けているものと自負し(自惚れ)ておりますが、まだまだ至らぬ点ばかりが目立つ管理人の小生であります。今後とも、お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。
 皆々様にとりまして、本年もより良い一年でありますと共に、充実した趣味活動が出来ます事を御祈念致しております。

 アニバーサリーイヤーが目白押しだった昨年。今年の鉄道界はどうなのかと思えば、やはり、廃線や復旧路線が、もちろんアニバーサリーイヤーを迎える路線がある様です。もっとも、全国的な鉄道界の話ですから、お金と暇がなければいけないのかもしれません。ほどほどに、身近な鉄道を楽しむ事が一番大事なのでしょうか。
 鉄道愛好家はじめ、鉄道を趣味とする全ての皆様に於かれましては、秩序を守り、なおかつ、世間一般の方々への手本となるべく、鉄道趣味を楽しまれる事を切に願います。

  DSCN2970.JPG
    初夢は、福島交通1000系の「ブルーリボン賞」受賞。
posted by 管理人:錯乱坊 at 15:43| Comment(0) | 管理人室

2017年11月30日

大切な宝物

 晩秋から初冬へ。
 近隣の山々には白い物が被さり、色鮮やかに楽しませてくれたはずの季節が、いつの間にやら過ぎ去って行った事に、何の因果か、撮影しそびれたのであった。我ながら、不覚であった様である。
 そうは言いながら、愚息との鉄道模型やプラレールを楽しむ時間は大いにあるのだから不思議なのである・・・。
 部屋いっぱいに、レールを組んでは、好きな車両をとっかえひっかえ走らせているのは、ご推察の事と思うが、父子して楽しんでいる始末である。それを我が鉄妻は、温かい(実は冷めてたりして?)目で見ているのかいないのか。むしろ、諦めていたりして。
 楽しく遊んでいればこそ、手入れも大事なのであるが、それでも調子の悪くなってしまう車両が、時折、出て来るもの。ある程度の整備は、小生の仕事(家庭内では「遊び」と称される)として、依頼主の愚息から任されている。しかしながら、これ以上分解してしまったならば、収拾が付かなくなりそうな場合だってある。
 そんな時は、模型ならば決まって「山形駅前のあのお店」へ迷わず持ち込み修理をお願いするのである。ほとんどが、メーカーへ送る事になるが、状態によっては、店頭に部品があるなど対応が出来る場合には、馴染みの店長さんが手際よく修理してくれるので助かっている。いつも、ありがとうございます。
 そして、プラレールならば、購入した量販店にではなく、メーカーに直送だそうだ。小さなお子様から遊べる玩具だからだろうか、めったに走らなくなる事はなさそうだが、先日、我が家の「D51-200号機ライト付き」が、走らなくなったために点検したところ、どうやらモーターの不具合らしい。代用品のモーターを購入してもと考えたが、愚息の泣き顔を見たくもないし、ここは素直にメーカーへ修理依頼をしたのである。
 ネコ便で送り、戻って来たのは、発送からなんと5日目。あれ?まさか部品無しで修理不可能で戻されたか?疑心暗鬼で、返送された箱を開けたのであるが、さにあらず、しっかり修理されて青い線路の上を、快調に走ってくれたのである。故障の原因は、モーターの経年劣化だったそうで、長く遊んでいれば、そういう事も起こり得るだろうなと、変に納得した小生。でも、愚息が笑顔で遊んでいる姿を見れたのが嬉しかった。
 
 模型であれば、1ヶ月は当たり前、ひどいと半年は待たされるのが常であるので、この修理対応の早さは、小さいお子様の気持ちになっての優しい対応なのかもしれない。そして、物を大事にする事を、大切な宝物を介して教えてくれているに違いない。
 と、クリスマスプレゼントをせがまれそうになりつつあるこの時期に、ふと思う貧乏性の小生だったりする。

 DSC_0649_LI.jpg
  修理したD51−200号機と報告書 
   

posted by 管理人:錯乱坊 at 15:10| Comment(0) | 管理人室

2017年10月11日

特殊切手「鉄道シリーズ 第5集」の発行

 

 鉄道友の会は,日本郵便が発行する特殊切手「鉄道シリーズ」の発行に際して、素材となる車輌写真の提供、監修を通じて、発行に協力しています。昨年に引き続きとなります第5集は、2017年10月4日に発行されました。詳しくは日本郵便のサイトをご覧下さい。
  https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2017/h291004_t.html

 なお、すでに発行済みとなりまして、手にしていられる方も多かろうと思います。
 例年、人気のある特殊切手である事から、一部の郵便局においては、品薄もしくは完売となっているところがある様です。事実、山形支部事務局最寄りの郵便局においては、2種類あるデザインにも関わらず、どちらも最後の1シートしかないところを、タイミングよく、とある鉄道愛好家が、本日、購入されて行かれたそうです(完売御礼)。
 それって、小生なんですけどね。
タグ:耳より情報
posted by 管理人:錯乱坊 at 21:05| Comment(0) | 管理人室