2016年04月12日

一日遅れのハッピーバースデー・2

つい忙しさに惑わされ、大切な記念日を蔑ろにしてしまう事も・・・。

 昨日の事になるのだが、我が人生の日常と非日常を跨ぎ行く空間と言えそうな奥羽本線(山形新幹線)の「山形」駅が、開業記念日を迎えたのであった。明治34(1901)年4月11日に、奥羽南線の途中駅として開業したのである。
 
 山形への鉄道(現在の奥羽本線につながる)計画は、明治18(1885)年から23(1890)年にかけて三度、別々の私鉄「山形鉄道」として出願されたが、却下または仮免許失効で正式発足には至らなかった。それぞれの区間は、福島―酒田間、白石−大石田間、米沢ー酒田間であった(他に新庄―青森間の秋田鉄道も却下)。しかし、明治25(1892)年公布の「鉄道施設法」で、福島―山形ー秋田ー青森間は第一期線に取り上げられ、官鉄線としての着工が決まったのであった。
 建設にあたっては、南北から着工し、その境を湯沢としたのである。北線(青森から)は明治26(1893)年7月に、南線(福島から)は27(1894)年2月に着工し、小刻みに延伸開業をしながら、明治38(1905)年9月14日に、横手ー湯沢間の開業(途中駅として十文字駅設置)にて全通した。
 
 さて、山形までの旅は、板谷峠や後年開業した仙山線において、33パーミル超えの急こう配を要する山越えを余儀なくされたため、昭和24(1949)年4月20日に福島ー米沢間を直流電化したのに続き、仙山線列車のために、35(1960)年11月1日に山寺駅(仙山線)羽前千歳(奥羽本線)山形駅間を直流電化し、すでに直流電化されていた作並駅まで、茶色の電気機関車が牽引して、面白山隧道を抜け運転された。
 奥羽本線の客車列車の無煙化は、34(1959)年6月1日から秋田ー米沢間でDF50型ディ−ゼル機関車を投入して優等列車から始まり、これに関しては東北本線より早かったのは、山線を控えながら電化が遅れていた奥羽本線への配慮だったのかもしれない。43(1968)年9月23日には、奥羽本線の米沢ー山形間が交流電化開業されることになり、それに合わせて先に直流電化されていた区間も交流化された。
 特急「やまばと」号の電車化と共に、EF71型・ED78型の2形式の赤い交流型電気機関車が山形駅に顔を出し始めたのもその日である。
 
 同駅には、「かみのやま温泉」駅の話しでも触れた乗り入れを計画した路線「蔵王高速鉄道」の起点駅を併設、乗り場を現在の1番線ホーム辺りに設置し、路線は市内を抜け蔵王半郷地区で分岐し、蔵王温泉と上山方面(上ノ山駅)まで延伸させるはずが実現に至らずとなった。
 実現に至らずと言えば、もう一つ、「フルーツライン」の愛称を持つ「左沢線」が、計画当初には、同駅を南下して、五日町踏切を過ぎたあたりで分岐し、市内南部(南館地区)を迂回しながら市内西部を通り、山辺方面に向かうはずだったとの事である。そして、奥羽新幹線の新駅も市内西部に計画されていた(る?)から・・・。
 それぞれが実現していたならば、山形市内の街の様子は、大きく変わっていたのであろう。
 
 ま、何はともあれ、いつもと変わる事なく、駅を行き交う人々を見守り続け、列車の安全を支え続けて『本日も異常なし。』であります様に。

タグ:記念日
posted by 管理人:錯乱坊 at 22:38| Comment(4) | 鉄道徒然草

2016年02月16日

一日遅れのハッピーバースデー

何気ない普段通りの日常の中、大切な記念日なのに、うっかり忘れてしまう事も・・・。

 昨日の事になるのだが、我が家にとって、ゆかり深い土地にある奥羽本線(山形新幹線)の「かみのやま温泉」駅が、開業記念日を迎えたのであった。明治34(1901)年2月15日に、奥羽南線として建設と開業が進み行く中、赤湯駅(同33年4月21日開業)からの隣接駅「上ノ山」として開業したのである。今から115年前の事であった。
 そして、同年内には、山形(4月11日)・天童(8月23日)・楯岡(現:村山.8月23日)大石田(10月21日)の各駅が、それぞれ開業している。
 
 さて、その「かみのやま温泉」駅であるが、平成4年7月1日に山形新幹線の開業に伴い、「上ノ山」駅の駅舎改築と共に改称したのである。
 駅名「上ノ山」。行政市名「上山」。「かみのやま」と読むのだが、山形県外の方々からは、些か難読だったらしく改称の際に、地名を平仮名表記にしたとの話だった。
 
 地名の由来には、諸説あるらしく、幾つか紹介してみたい。蔵王連峰の麓に位置する同市は、蔵王山岳信仰の「神の山」と言われる事からとか、戦国時代には、上山と山形とは、同じ山形藩にあったために、坂を境界にして都に近い方から「上(かみ)の山形」「下(しも)の山形」と呼んで区分していたとの事も。なお、律令制の奈良・平安時代には、上山市域は、山方郷(やまがたごう)に属していたが、ここが須川の上流で、かつ、最上郡の南端である事から、上ノ山方の意にも捉えられたと言う説もあるらしい。
 同駅から、徒歩圏内には、上山温泉郷をはじめ、月岡神社や上山城などがあるので、歴史散策や湯巡りを楽しんでみては如何だろうか(※決して上山市の回し者ではないので)。

 現在の「かみのやま温泉」駅は、旅客駅として営業しているのだが、国鉄「上ノ山」駅時代には、貨物取扱駅としても、尚且つ、某工場への貨物専用引き込み線もある堂々とした賑わいも見せていた。それが、貨物輸送の減少と山形新幹線工事に伴い、貨物取扱が廃止されたのであった。貨物線跡地は、同駅東口として整備されている。
 途中停車駅とだけになってしまった様な同駅。かつて、乗り入れを計画した路線があったのだが何れも実現しないままとなり、実現していれば、人の流れや街並みは、ずいぶんと違っていたのかもしれないと思うと、その時代背景に翻弄された事に、恨めしささせ感じてしまうのである。もっとも、実現していたとしても、存続していたかどうかも疑わしいが。この話は、別の機会にでも記したいと思っているが、期待しないでいてもらいたい。
 
 ま、何はともあれ、いつもと変わる事なく、駅を行き交う人々を見守り続け、列車の安全を支え続けて『本日も異常なし。』であります様に。


タグ:記念日
posted by 管理人:錯乱坊 at 15:38| Comment(2) | 鉄道徒然草

2015年12月25日

クリスマスの惨事から10年

今年は、寒風吹くばかりの雪のないクリスマスとなってしまった。明日からは、荒れるらしいと天気予報では伝えているので、やっと冬らしい雪景色となるのだろうか。
荒れると言っても、ほどほどにして、強風や大雪になるのだけは、勘弁して欲しい。
10年前の今日、例年にない大雪であったのと共に、何気なく目をやった深夜帯のテレビ画面に信じ難い映像が映し出されていたのを記憶している。
何が映っているのかが、はじめは理解出来なかったが、次第に、地吹雪の中、鉄の塊である鉄道車両が、無残な姿で横倒しになっていた事に、現場の様子に、稀にみる鉄道事故である事に、衝撃を受けたのであった。

それは、平成17(2005)年12月25日、庄内地方には暴風雪警報が発表され、羽越本線の列車には、遅延生じている中、特急「いなほ」14号は、酒田駅を1時間8分遅れで出発したのである。そして、最上川に架かる橋梁(庄内町榎木)を通過後19時14分頃、車両が進行方向左側に傾き、6両編成の全車両が脱線し、その1〜3両目までが横転した。
当時、激しい地吹雪と例年にない大雪とで捜索活動は難航し、延べ約1400人による懸命な捜索活動は1週間続いたのだが、乗客5名の尊い命が犠牲となり、乗客・乗員あわせて33名が重軽傷を負った。
また、捜索活動に従事された関係者の方々には、体力と精神的にも、大変であったと聞いている。

山形県警の捜査では、同21(2009)年12月、運行管理担当者(当時)3名を業務上過失致死傷容疑で書類送検する物の、事故調査委員会(現・運輸安全委員会)は、最終事故調査報告書で少なくとも瞬間風速40メートルの「局所的な突風」が原因と事故原因を結論付けた。それを受けたかは定かではない(小生の感想)が、山形地検は同22(2010)3月、局所的な突風の予測は困難などとして、3名を嫌疑不十分として不起訴処分とした。

事故後、JRは、現場周辺で防風柵の設置を進められたり、余目駅にドップラーレーダーを設置した。また、気象庁気象研究所が観測装置の設置を開始。突風を予測して列車の運転を規制する対策も開始している。

事故現場付近に、慰霊塔を建設し、年間4000名程が記帳に訪れているという。そして、毎年、この日にあわせ、追悼慰霊式が行われている。
列車運行の安全と故人の御霊に祈り、合掌。
posted by 管理人:錯乱坊 at 18:59| Comment(0) | 鉄道徒然草

2015年12月12日

「B6 2109号機」について

かっちゃんさんの画像である小さな蒸気機関車について。

「2109号」蒸気機関車は、明治期の日本にて、鉄道局の汽車監察方をしていたイギリス人のリチャード・フランシス・トレビシックが、日本仕様で設計して各国に発注して作らせた車両の1輌で、明治24(1891)年にイギリスのダブス社で製造され、日本に輸入された。
2100形蒸気機関車に属する同機であるが、その同形には、同一設計のイギリス製と日本製2120形、ドイツ製2400形、アメリカ製2500形が存在し、これらは『B6』とも総称されて、総数500輌以上が輸入された。
なお、2100形蒸気機関車の登録順位番号は、1号機が2100号となり、その10号機であったため『2100形ー2109号』と呼ばれ、最初期の車両である事が解る。
当時としては大馬力であり、設計・性能共に優れていたため、急勾配用・貨物用や山岳線の客貨両用に使用された。その後は、各地の幹線や駅構内での入換用に使用され、昭和30年代まで長期に渡り活躍した。

概略年表
明治24(1891)年:イギリスのダブス社で製造、日本鉄道が輸入。
明治39(1906)年:鉄道国有法により私営鉄道は国有化され、「2100形2109号」となる。
東北本線・中央本線などで活躍。

昭和03(1928)年:西濃鉄道に移籍。
昭和45(1970)年:廃車。
しかし、その歴史的価値を保存する声が『鉄道友の会』から起こり、「大井川鉄道」がこれに応じた。日本の蒸気機関車の動態保存の先駆けとして、同鉄道の千頭―川根両国間を運転。
昭和51(1976)年:静態保存に切り替え、同鉄道の千頭駅や金谷駅構内で展示保存。
平成04(1992)年:産業考古学会より産業遺産に認定される。
学校法人「日本工業大学」に寄贈が決定され、「大井川鉄道」において、動態保存のための修復作業開始。

平成05(1993)年:「日本工業大学工業技術博物館」で動態保存開始。
平成09(1997)年:蒸気機関車展示館の整備・拡充工事終了。
平成14(2002)年:定期有火運転を開始(主に毎月第3土曜日)。
平成19(2007)年:ボイラーの煙管172本とステー管16本交換修理。
平成20(2008)年:文部科学省より登録有形文化財に登録される。

※「日本工業大学工業技術博物館」パンフレット参照
posted by 管理人:錯乱坊 at 22:40| Comment(2) | 鉄道徒然草

2015年10月13日

奥羽本線・全線電化40周年

昭和50(1975)年10月13日。奥羽本線に残る最後の非電化区間・羽前千歳ー秋田間の電化工事が完成した。晴れて全線電化となり、急勾配を要し難所として名高い板谷峠に泣かされ続けた「つばさ」号(上野ー秋田)は、補機からも解放されて、電車化となるのである。
すでに、兄弟列車の「やまばと」号(上野ー山形)は、昭和43(1968)年9月に電車化されていたのだが・・・。
電化完成から遅れること11月25日には、181系(気動車特急)から485系1000番台(電車特急)に置き換えられ運転されるはずであった。
というのは、投入される車両の完成が遅れたのである。本来ならば、耐寒耐雪仕様の最新鋭車両が、秋田を寝倉にして奥羽路を駆け抜けるところだったが、ピンチヒッターとして、長崎本線・佐世保線電化を待っていた485系一般車66両が駆り出され、注目される先頭車には、貫通型の200番台車が連結されていた。そして、翌年3月末までに、待望の1000番台車72両が秋田に配属されて、ピンチヒッターと入れ替り、活躍を始めた。
なお、一般車および200番台車の編成は、南福岡に移り、長崎本線・佐世保線で「かもめ」号・「みどり」号として、活躍する事となる。


タグ:記念日
posted by 管理人:錯乱坊 at 21:56| Comment(0) | 鉄道徒然草